Asiaバンコク☆サバイ別居生活

Read Article

バンコク おすすめ!安くておいしいローカル食堂「アロイ」

バンコク おすすめ!安くておいしいローカル食堂「アロイ」

今回おすすめのするのはバンジャーク駅から歩いて1,2分の「アロイ食堂」おいしい!を店名にしている食堂です。

店名に「アロイ」をつける位だからきっと美味しいに違いないと気になっていたのですが初めて入る食堂ってローカル好きな私でも結構勇気がいるんですよね。一度入ってしまえばマイペンライ!なのですが….そんな心配もタイ人スタッフの笑顔と優しさに触れ一瞬で吹き飛びました。
1457926801528

スポンサーリンク

店名どおり!何を食べてもアロイ!おいしい!

このお店はガイヤーン、ガパオ・カオパットなどの炒め物、クイッティアオ、カオマンガイと色々あり、それぞれのブースがあって時間帯によってブースの位置が変わります。
朝はクイッティアオが店先に出ていたけど夜は店内に移動して、炒め物ブースとガイヤーンブースが店先にといった感じです。
1458201045953
1457927197530
1458200812348
朝、昼、夕いつ行っても店内、持ち帰りのお客さんで賑わっているのが美味しさを物語っていますね。

ローカル食堂の注文方法

ローカル食堂で一番困るのが、タイ語メニューのみということです。メニューの写真でもあればまだよいのですが壁にタイ文字で書かれたメニューだけといったところもありテーブルに紙とペンが置いてあって自分で注文メニューを書いて渡す所も多いです。

私はタイ語の読み書きどころか会話には程遠い簡単なタイ語しか話せません。女は愛嬌といいますが、あるのは少しの度胸だけ!

でも大丈夫!料理名だけタイ語で覚えておけばなんとかなるものです。

このアロイ食堂も私のナンチャッテ・タイ語で口頭注文!ローカル食堂のタイ人は親切で優しい方が多いので皆、笑顔で接してくれて理解しようとしてくれます。

私のようにタイ語の読み書きや会話がおぼつかなくても安くて美味しいものが食べたい方は、ちょっとだけ勇気を出して挑戦してみてください。きっとローカル食堂にはまりますよ!

スポンサーリンク

「アロイ食堂」私が食べたおいしいメニュー

ガイヤーン

「ガイ」は鶏、「ヤーン」は焼くという意味のタイ東北部(イサーン)の代表的な料理で一晩タレに漬け込んで炭火でじっくりと焼いたものです。
アロイ」食堂のガイヤーンは見た目も艶テリがありふっくらしていていかにも美味しそうです。一口食べると香ばしい皮とジューシーで引き締まった肉のうま味が広がり、肉厚なので食べごたえも充分!
1457927039231この日は三名で行ってそれぞれご飯ものを注文した他にガイヤーンを注文、一人前と注文したつもりでしたが、来たのは二皿!!後日また一皿と言って注文しても同じく二皿で出てきます。わたしのタイ語と注文の仕方が悪いのか?これが一つの量なのか?いまだにわかりませんが美味しくて安いのでマイペンライです!余ったらお持ち帰りにしてくれますしね。

ガパオ・タレー&ガパオ・ムー

ガパオはご飯がタイ米白ご飯なので、米の炊き具合でおいしさが変わります。こちらのお店のご飯はいつもパラッとしていてご飯そのものが美味しいです!

ガパオ・タレー

1457926907236ガパオ・タレーとは「ガパオ」はバジル炒めを乗せたご飯、「タレー」は海鮮という意味です。こちらのお店の「ガパオ・タレー」はご飯の上に、海老・イカとバジルを炒めたものが乗せられています。

海老もイカも新鮮で海老は大きめでプリプリ、イカも炒めてあるのにとても柔らかく「あまり辛くしないでね」と言ったせいかマイルドな辛みとバジルの風味がよく、しっかりとした味付けでご飯がすすみます。

ガパオ・ムー

1457927139235ガパオ・ムーは「ムー」が豚肉の意味で、ガパオ・タレーの海鮮を豚肉に変えたものです。タイの豚肉は日本の豚肉に比べ、とても柔らかく豚肉特有の臭みありません、こちらのお店の「ガパオ・ムー」も豚肉が柔らかくバジルと炒めることによって風味も増してとっても美味しいです。

カオパット・グン

1458019934286 (2)カオパット・グンの「カオパット」は炒めご飯の意味で「グン」は海老の意味、日本風に言うと海老チャーハンです。私は個人的にこちらのお店のカオパットが大好きです!

パラパラに炒められたご飯と卵、玉ねぎが入っているのでやさしい甘さと食感もよく、味付けも薄味で油っこさもないので結構な量ですが完食できちゃいます。海老はガパオ同様、大きめで新鮮プリプリですよ。添えられているマナオ(ライム)も新鮮で絞って掛けるとマナオの良い香りが広がり食欲をそそられます。

カオマンガイ

カオマンガイはご存知の方も多いと思いますが、柔らかくなるまで煮込んだ鶏を、そのスープで炊き込んだご飯に乗せたものです。お店によって米の炊き込み加減、鶏肉の食感、掛けるたれ(ナムチム)に違いがあって、この3つが美味しさを左右します。1458139603882こちらのカオマンガイは、ご飯にスープの味がしっかり染み込み艶がありパラパラしていて炊き具合もよく鶏肉もとても柔らかく煮込まれ、たれのナムチムは生姜が多めで程よい辛さ、スッキリとした味わいです。

私はここのナムチムが私好みなので全部掛けて食べています。
量がそんなに多くないのも私好み!男性だったら二皿とか、クイッティアオも一緒に頼むのもありかもしれません。

クイッティアオ

クイッティアオはタイ風ラーメン、米が原料の米麵、小麦が原料のバミーなどがあります。
こちらのお店のクイッティアオ・センレックを食べてみました。スープは透明のものではなく醤油の色、モヤシにパクチー、ガーリックフライにローストダックがたくさん乗っています1458200760157
スープは濃い目のしっかりとした味で日本の醤油らーめんの味によく似てます。お肉はとても柔らかく、ガーリックフライが味を引き立てています。透明なスープのクイッティアオに比べ味がしっかりしているので辛いのが苦手な方は調味料を入れなくとも美味しく食べれますよ。1458200927835こちらのバミーナームを頼めば日本の醤油らーめんそのもの、クイッティアオナームなら米麵なのでヘルシーですね!

お値段はおいくら?

私が食べた時はガパオ・カオパットは50~60バーツカオマンガイ・クイッティアオが50バーツでした

ガイヤーンは単品の値段はわからないのですが、ガパオ・ムー、ガパオ・タレー、カオパット・グンにビール(チャーン)とコークに二皿で出てくるガイヤーンで300バーツちょっとでした。

「アロイ」食堂への行き方/Googleマップ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*

Return Top